瀟湘八景和歌  しょうしょうはっけいわか

 / 室町 / 日本 

後柏原天皇 (1464〜1526)
ごかしわばらてんのう
日本
室町時代/1501
彩箋墨書
縦24.5㎝ 横49.4㎝
一巻
東京都港区南青山6-5-138
根津美術館
重要美術品

後柏原天皇(1464〜1526)は後土御門天皇の第一皇子で名は勝仁、明応9年(1500)践祚した。紙中上方の二重線中に金泥龍文を施し、その下に瀟湘八景の和歌八首が書される。奥書には「明應十二中旬三品勝仁親王」とあり、それによるとこの和歌は連歌師宗祇の懇望により、当時彼が越後上杉家へ下向中に賜ったものと考えられる。なお明応は10年の2月に文亀と改元になっており、「三品勝仁親王」と款することからも、執筆は即位に先立つ明応9年以前の某年12月中旬と解される。

作品所在地の地図

関連リンク

瀟湘八景和歌 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後柏原天皇宸翰懐紙(月多遠情・海辺擣衣・松葉不失)
御消息  「ただいまのはな」
和歌懐紙
和歌懐紙

後柏原天皇筆

著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ)
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
ページトップへ