アロデスムス頭骨の化石 あろですむすとうこつのかせき

その他の画像全2枚中2枚表示

地質鉱物 / 中部 

長野県
全長26㎝  全幅13㎝  全高11㎝
 アロデスムスは約1500~1000万年前の新生代第三紀中新世中期頃に太平洋で活動していた哺乳類で、アシカやセイウチと共通の祖先から進化し…
長野県松本市七嵐85-1
松本市指定
指定年月日:20160323
記念物

 本化石は昭和36年に南安曇郡豊科町柏沢(現在の安曇野市豊科)で発見され、その後、京都大学に保管されていたが、平成2年に四賀化石館の所有となった。これより早く昭和16年に、柏沢の北に当たる麻生で発見された「シナノトド化石」(昭和60年に長野県天然記念物に指定)もアロデスムスの化石である。いずれも頭部のみであるが、巨大な目や単純化した歯といったアロデスムスの特徴を示す部位である。

参考資料:
田中邦雄・関全寿「豊科町から発見されたデスモスチルスに似た海獣とその意義」 『信濃教育』912号(昭和37年)

作品所在地の地図

関連リンク

アロデスムス頭骨の化石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大型鰭脚類の陰茎骨化石
野尻湖産大型哺乳類化石群(ナウマンゾウ・ヤベオオツノジカ・ヘラジカ)
ヌマタネズミイルカ化石
マチカネワニ化石
臼田トンネル産古型マンモス化石
ページトップへ