太平琴「春イ」 たいへいきん「しゅんい」

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

かわむらじゃくし
天保5年/1834年
全長75.1cm 竜額幅15.2cm 竜尾幅11.7cm 高7.2cm (前足)高4.5cm 径2.8cm (後足)高1.4cm 径2.9cm
1面
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

箱書に「太平琴」とあるこの琴は、形状も大きさも全国的にも類をみない独特のものである。弦が6弦で琴柱が枝折である点は和琴(わごん)に共通する。弦の張り方は楽箏と一緒だが、弦の太さが異なっている。本体は一枚板で音穴と下樋はなく、竜手、竜趾、竜角部には竹を用いる。竜頭には「春イ(さんずいに猗)」との金字銘がある。磯部片面と竜背部の陰刻銘により、文明年間(1469~87)築の勢福寺城門の古柱を用いてこの琴を製作し、「春イ」の銘は藩士・百武兼寛が今泉千春に依頼してつけたことが分かる。「春イ」とは「春のさざ波」の意。琴爪、琴柱、「太平琴詠曲譜」、巻物添え。明治7年(1874)に百武安太郎(兼行/11代鍋島直大の側近で洋画家)から鍋島家へ献上された。

作品所在地の地図

関連リンク

太平琴「春イ」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和琴(黒漆塗三引両散琴箱・琴柱箱共)
箏 銘 春日野
鍋島直正像
鍋島直正像

百武兼行

マンドリンを持つ少女
駒の図鶴首釜 鉄弦添
ページトップへ