七大寺日記 しちだいじにっき

その他の画像全29枚中16枚表示

 / 奈良県 

逸昌書写
鎌倉時代 13世紀/建長7 1255
紙本 斐紙 墨書 冊子 粘葉装 押界(巾2.2㎝)
縦25.8 横18.5 25丁 半葉7行 
1帖
教王護国寺観智院(京都)伝来
重要文化財

 平安時代末期に南都七大寺などを巡礼した際の見聞記。嘉祥元年(1106)大江親通の撰とされる。
 内容は、東大寺・興福寺・元興寺・大安寺・西大寺・薬師寺・法隆寺の順に、各寺の縁起・堂舎・仏像などについて簡略に記し、行基の伝記を書き加えている。『七大寺巡礼私記』と並んで、12世紀頃の南都寺院の状況を記す史料として重要である。
 本帖は建長7年(1255)に書写されたもので、現存する唯一の古写本である。もとは東寺観智院に伝来した。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.307, no.133.

作品所在地の地図

関連リンク

七大寺日記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後拾遺和歌抄〈上下/〉
金剛般若集験記
大般若経 巻第九十六(魚養経)
華厳経 巻第七十
豊後国風土記
ページトップへ