文化遺産オンライン

木造阿弥陀如来立像(現本尊)

もくぞうあみだにょらいりつぞうげんほんぞん

作品概要

木造阿弥陀如来立像(現本尊)

もくぞうあみだにょらいりつぞうげんほんぞん

木像 / 室町 / 関東

茨城県

室町時代

ヒノキ材。寄木造。玉眼嵌入。

像高61.5cm

那珂郡東海村石神内宿1047

東海村指定
指定年月日:20150501

真宗大谷派願船寺

有形文化財(美術工芸品)

願船寺本尊である。来迎印を結び弥陀の四十八願を表す放射光背を背にして立つ阿弥陀如来立像。典型的な真宗の方便法身尊影であるが,大震災による破損のため台座,光背をふくめ全体が新しい補彩に覆われてしまっている。

関連作品

チェックした関連作品の検索