文化遺産オンライン

プロウン:第1ケストナー版画集

ぷろうん だいいちけすとなーはんがしゅう

作品概要

プロウン:第1ケストナー版画集

ぷろうん だいいちけすとなーはんがしゅう

版画

エル・リシツキー  (1890年-1941年)

エル・リシツキー

大正12年/1923年

リトグラフ・紙

60.5×43.5

6面

1919年,リシツキーはプロウンと名付けた絵画を初めて制作しました。プロウンとは,素材を道理に従って構築することで形態が創造され,空間がコントロールできるとするリシツキー独自の造形原理とこれに基づく作品のことで,建築や都市までも対象にしています。
1922年末から23年始めにかけて,ハノーヴァーのケストナー協会のもとに展示されたプロウン絵画のシリーズは非常に好評で,多くの出品作品が会員に購入されました。本版画集はこの個展の成功を見てケストナー協会が発注したものです。50部を印刷し,全てに作家のサイン入りである旨が奥付に記されています。本作品は21番です。

プロウン:第1ケストナー版画集をもっと見る

エル・リシツキーをもっと見る

広島県立美術館をもっと見る

キーワード

協会 / 作品 / 個展 /

関連作品

チェックした関連作品の検索