勝坂遺跡D区出土のマメ圧痕土器 かっさかいせきでぃーくしゅつどのまめあっこんどき

土器・土製品類 / 縄文 / 関東 

神奈川県
縄文時代
土器
口径24.8㎝、器高22.9cm(底部欠失)
1点
神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
相模原市指定
指定年月日:20160401
有形文化財(美術工芸品)

昭和48年の確認調査で出土した深鉢形の縄文土器(連弧文土器)には、土器の内外面にわたって多くの種子圧痕が観察された。それらの痕跡は外面の口縁部から胴部下端まで見られ、内面の頸部くびれから上位にも認められた。確認された圧痕70か所のうち、その多くはツルマメを主体としたマメ科の植物種子と同定され、50か所以上を数えた。このことから種子の多くは、器体整形時に意図的に粘土に混ぜて練り込まれたことが示唆される。

作品所在地の地図

関連リンク

勝坂遺跡D区出土のマメ圧痕土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大日野原遺跡出土の土偶付深鉢形土器及び人体文深鉢形土器
中野大沢出土の弥生土器
田名塩田遺跡群出土の真脇式土器
苦久保遺跡第3地点出土の朱書土器
勝坂遺跡出土縄文時代草創期遺物
ページトップへ