青花磁器瓶 附石塔 せいかじきびん つけたりせきとう

その他 / 安土・桃山   / 九州 

宮崎県
明代(安土桃山)
青花磁器瓶:肩が丸く張り、腰を絞った梅瓶と呼ばれる形態で、中国明代の景徳鎮窯産である。底部は上げ底となり、胴上半は胴接ぎ成形である。2個1対でセットをなし、染付文様も類似…
青花磁器瓶:①口径4.9cm、底径10.75cm、器高27cm、胴部最大径14cm②口径4.65cm、底径10.7cm、器高26.6cm、胴部最大径14.4cm。
石塔:現状高70.5cm(基部が埋め込んであるため計測できない)、上辺…
1対 1基
青花磁器瓶:宮崎県都城市菖蒲原町19街区1号
石塔:宮崎県都城市美川町6761番地
都城市指定
指定年月日:20160801
有形文化財(美術工芸品)

石塔に刻字されている「徳叟宗雲」の詳細は現在のところ不明であるが、この人物の四十九日の供養(大連忌辰)のために造立されたものであることがわかる。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

青花磁器瓶 附石塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

五彩獅子文瓶
五彩獅子文瓶

景徳鎮窯

古染付松樹文双耳花入
古染付松樹文双耳花入

中国・景徳鎮窯

御深井釉水指
青花八吉祥文壺
青花八吉祥文壺

中国・景徳鎮窯

青花氷梅文壺
青花氷梅文壺

景徳鎮窯

ページトップへ