文化遺産オンライン

消息

しょうそく

作品概要

消息

しょうそく

松尾芭蕉  (1644-1694)

まつおばしょう

日本

江戸時代前期

紙本墨書 軸装

16.4×53.7cm

1

松尾芭蕉は、江戸時代前期の俳諧師で、元禄時代に独自の蕉風俳諧を樹立した。芭蕉は書を北向雲竹に学んだといい、能書家としても知られる。芭蕉はこの消息の末尾に「十一日 はせを(ばしょう)」と自らの名をかなで記している。

消息をもっと見る

松尾芭蕉をもっと見る

公益財団法人 東京富士美術館をもっと見る

キーワード

芭蕉 / 消息 / 松尾 / 俳諧

関連作品

チェックした関連作品の検索