諸家団居馬験昇図 しょけまというまじるしのぼりず

その他の画像全9枚中9枚表示

絵図・地図 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期ヵ
紙本着色墨書 巻子装
全長2085.0㎝ 幅27.4㎝
1巻
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

小城鍋島家・蓮池鍋島家・鹿島鍋島家の三家をはじめとする佐賀藩重臣の27家について、各家の惣旗・団居・馬印など71図が彩色で描かれており、その意匠の奇抜さと個性は見るものを飽きさせない。時代的には江戸中期頃のものを描いた資料と思われるが、中には寛永14年~15年(1637~38)に佐賀藩から3万5,000人もの大軍が出陣した天草・島原の乱で、多久家(親類同格)や横岳鍋島家(家老)などの各重臣家が用いた指物の記録と合致するものがあり、乱での鍋島軍の陣場の賑々しさをほうふつとさせる。

作品所在地の地図

関連リンク

諸家団居馬験昇図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正保四年長崎警備の図
仰渡書付
有馬記拾落
有馬記拾落

山本常朝

寛永五年惣着到
鍋島直正公御実歴一百図
ページトップへ