古写本断簡「秘蔵宝鑰 / 伝 大和法隆寺東室経蔵伝来」 ひぞうほうやく

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉時代/1288

秘蔵宝鑰

空海の著書。3巻。天長7 (830) 年頃成立。『秘密曼荼羅十住心論』をみずから要約したもので、『十住心論』を広論というのに対して、略論といわれる。十住心の教判を立て、真言宗が一切諸教のうえに立って、すべてを包括するものであることが説かれている。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 より転載

関連リンク

古写本断簡「秘蔵宝鑰 / 伝 大和法隆寺東室経蔵伝来」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

写経断簡「阿毘達磨俱舎論(巻第二十九) / 伝 伝教大師」
写経断簡「般若波羅蜜多心経 / 伝 虚堂和尚」
零葉・断簡「高野版 / 吽字義(空海 著)」
零葉・断簡「高野版 / 吽字義(空海 著)」
写経断簡「瑜伽師地論(巻第二十八)」
ページトップへ