Chuuoukozousenhodonoroto

中央構造線程野露頭

Details

Chuuoukozousenhodonoroto

中央構造線程野露頭

地質鉱物 / 中部

長野県

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク(2008年12月加盟)のジオサイトの一つとなっている。

長野県飯田市上村16番地47

飯田市指定
指定年月日:20181214

記念物

 中央構造線は、九州から関東まで約1000㎞以上連続する日本最大の断層で、活動時期は約1億年前に遡るとされる。当地域では、赤石山脈の西麓を青崩峠から地蔵峠、分杭峠、杖突峠へと南北に連なっている。本露頭は平成24(2012)年7月に程野で新たに発見されたもので、露頭部分の幅は約8m、高さ約3mを測る。露頭のほぼ中央に内帯(伊那山地側)の花崗岩系岩石と外帯(赤石山脈側)の堆積岩系の岩石が接する破砕帯が観察される。
 赤石山脈を走る長さ約90㎞の中央構造線沿いには、北から主に板山露頭、溝口露頭、北川露頭、安康露頭などがあり、いずれも破砕帯を伴った断層露頭が観察できるが、これらの露頭の破砕帯が堅い岩石になっているのに比し、程野露頭の破砕帯は手で押すと窪むほど柔らかく、直線的な細かい縞状の破砕の繰り返しが観察される。こうした特徴は断層形成後あまり時間が経過しておらず、断層が今なお活動的であることを示している。
 露頭の上部の尾根筋は、中央構造線の破砕帯の所だけ特徴的に少し窪み、そして窪みを軸にして尾根筋がS字にカーブしている。尾根筋の高低差と水平面上の曲がり方を測量した結果、尾根筋の垂直面で外帯側に対して内帯側が相対的に約2m隆起しており、尾根筋のS字カーブの測量結果では、水平面で外帯側に対して内帯側が相対的に北方へ約6.5mずれていることが確認されている。このことは、中央構造線が「右横ずれ運動」をする活断層として活動していることを示し、他の露頭では観察できない貴重な変形地形といえる。

Related Works

Search items related to work chosen