舞楽面 二ノ舞(腫面) ぶがくめん にのまい(はれめん)

その他の画像全4枚中4枚表示

彫刻 / 鎌倉 

鎌倉時代・13~14世紀
木造、彩色
30.0×23.6
1面
重要文化財

二ノ舞は2人で舞う。案摩に次いで舞い、案摩(あま)のしぐさをまねるが、うまく舞えず笑いをとる(「二の舞を演ずる」の語源)。面は皺を重ねて笑う老爺をあらわした咲面と、眉や頬を腫れあがらせて苦しみあえぐ老婆をあらわした腫面が一組になっている。
(2004/04/06_s21, 2006/05/09_s32)(20170523_h14)"

作品所在地の地図

関連リンク

  • ,舞楽面 二ノ舞(腫面)," />

舞楽面 二ノ舞(腫面)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

舞楽面 二ノ舞(咲面)
舞楽面(二ノ舞・腫面)
舞楽面 納曽利
舞楽面 案摩
舞楽面 貴徳
ページトップへ