文化遺産オンライン

舞楽面 二ノ舞(咲面)

ぶがくめん にのまい(えみめん)

作品概要

舞楽面 二ノ舞(咲面)

ぶがくめん にのまい(えみめん)

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13~14世紀

木造、彩色

29.1×21.2

1面

重要文化財

二ノ舞は2人で舞う。案摩に次いで舞い、案摩(あま)のしぐさをまねるが、うまく舞えず笑いをとる(「二の舞を演ずる」の語源)。面は皺を重ねて笑う老爺をあらわした咲面と、眉や頬を腫れあがらせて苦しみあえぐ老婆をあらわした腫面が一組になっている。 (2004/04/06_s21, 2006/05/09_s32)"

舞楽面 二ノ舞(咲面)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

舞楽 / 舞う / / Bugaku

関連作品

チェックした関連作品の検索