一遍上人絵伝断簡 いっぺんしょうにんえでんだんかん

永徳元年(1381)以前
紙本著色
28.6㎝×49.1㎝
1幅

兵庫の観音堂(神戸市兵庫区の真光寺付近)で亡くなった時宗の宗祖・一遍上人とその高弟・他阿真教の布教活動を描く『一遍上人絵伝』(全10巻のうち、第4巻第5段前半の断片です。正応2年(1289)、病の床にあった一遍を西宮の神主が見舞いに訪れ、十念を授かる場面です。
一遍を中心に、老若男女、僧俗を求心的に配した構図は、釈迦の涅槃図を想起させ、一遍の聖性を強調する意図が読みとれます。
本図ともとは一連だった絵巻に「白山豊原寺亍時永徳元年八月 日」という墨書があり、此の断片もそのころの製作と考えられます。豊原寺は、福井県坂井市にあった白山信仰の大寺で、高野山や善光寺のように時衆の人々を含んでいたと考えられます。旧来の聖地を重視し、そこに融和していった時宗の活動を知る上でも貴重な資料です。

【名品2019】【中世の神戸】

作品所在地の地図

関連リンク

一遍上人絵伝断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一遍聖絵 巻第七
一遍聖絵 巻第七

法眼円伊筆

紙本著色遊行上人絵伝〈巻第三残巻、第七/〉
絹本著色一遍上人絵伝〈法眼円伊筆/巻第七〉
跡部の踊り念仏
跡部の踊念仏
ページトップへ