大坂より松江まで航路図 おおさかまよりまつえまでこうろず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵図・地図 / 江戸 

未詳
江戸時代中期/17-18世紀ヵ
手書手彩
35.0×179.1
1巻


来歴:1985神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館特別展『よみがえる兵庫津』図録 2004

現存する航路図の多くは大坂から長崎までを描きますが、この長大な巻物は高槻からはじまり瀬戸内海、下関を経て日本海側を島根県松江までの沿岸及びその航路を描いています。いわゆる北前船の航路と関係するものでしょう。兵庫に赤丸印がありますが、寄港地の印と考えられます。

【近世の神戸】【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

大坂より松江まで航路図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

船路絵図屏風
寛文日本図
西国名所之内
西国名所之内

五雲亭貞秀画

兵庫津絵図
天保山魯船図
天保山魯船図

筆者不詳

ページトップへ