瀬戸家住宅座敷 せとけじゅうたくざしき

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

和歌山県
昭和前/1926~1945
木造平屋建、瓦葺、建築面積180㎡
1棟
和歌山県御坊市藤田町藤井2215
登録年月日:20181102
登録有形文化財(建造物)

主屋西側に並んで建つ。入母屋造桟瓦葺平屋建で、南面東端に入母屋造の玄関を設け、東北隅に台所、西南隅に茶室を張出す。内部は12畳半の座敷と10畳の次の間からなる。良材を用いた端正なつくりで、重ね扇を透彫にした欄間など華やかな意匠をもつ客座敷。

関連リンク

瀬戸家住宅座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀬戸家住宅主屋
正住寺離れ座敷
泉家住宅座敷
旧戸田家住宅大座敷棟
桑田家住宅離れ
ページトップへ