文化遺産オンライン

色絵沢瀉文徳利

いろえおもだかもんとくり

作品概要

色絵沢瀉文徳利

いろえおもだかもんとくり

陶磁 / 江戸

伊万里

江戸時代・17世紀

磁器

高36.3 口径5.1 高台径12.5

1口

胴に大胆な構図で沢瀉(おもだか)を描く。1650~60年代に焼かれた初期の色絵で、地を赤い上絵具による細い線で埋め、小さな花文を散らしている。この時期の赤の上絵具の発色は、17世紀後半の柿右衛門(かきえもん)様式と比べて濃く暗いのも特徴的である。

色絵沢瀉文徳利をもっと見る

伊万里をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 色絵 / 伊万里 / 衛門

関連作品

チェックした関連作品の検索