文化遺産オンライン

打掛 鼠地唐織花文網目繋八橋胡蝶模様

うちかけ ねずみじからおりはなもんあみめつなぎやつはしこちょうもよう

作品概要

打掛 鼠地唐織花文網目繋八橋胡蝶模様

うちかけ ねずみじからおりはなもんあみめつなぎやつはしこちょうもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 打掛とは、春・秋・冬にかけて間着と呼ばれる小袖の上に羽織る、綿入りの小袖のこと。江戸時代後期になると、裾の袘に厚く綿を入れ、裾を長く引いて着用するようになった。1メートル近くある長い振袖も江戸時代後期の特色である。 
ルビ:あいぎ すそ ふき(2007/04/24_h101)

打掛 鼠地唐織花文網目繋八橋胡蝶模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

打掛 / 模様 / 小袖 / 間着

関連作品

チェックした関連作品の検索