文化遺産オンライン

打掛

作品概要

打掛

染織 / 明治

明治時代・19-20c

1領

 黒い繻子に鶴亀と松竹梅模様をあらわした打掛。江戸時代後期からつづく、婚礼衣裳の伝統的な模様である。明治期の裕福な家庭に生まれた女性の晴れ着であろう。厚く綿が入った裾の袘は、化学染料で染めた鮮やかな赤である。

打掛をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

打掛 / 模様 / Uchikake / 間着

関連作品

チェックした関連作品の検索