文化遺産オンライン

色絵琴高仙人図鉢

いろえきんこうせんにんずはち

作品概要

色絵琴高仙人図鉢

いろえきんこうせんにんずはち

陶磁 / 江戸

伊万里

江戸時代・17~18世紀

磁製

高8.2 口径22.8 底径11.4

1口

伊万里焼では、元禄年間(1688~1703)はじめに、濃厚な絵の具に金彩を加えた「金襴手(きんらんで)」を作り始め、色絵・染付・金彩の組合せで絢爛の中に気品をもった作品が生み出されました。この鉢は伊万里金襴手の名品の一つで、見込(みこみ)に鯉の背に乗って水中から現れる琴高仙人(中国宋時代の琴の名手)が染付で描かれています。

色絵琴高仙人図鉢をもっと見る

伊万里をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

金襴 / 伊万里 / / 金彩

関連作品

チェックした関連作品の検索