西王母・東方朔図 せいおうぼ とうぼうさくず

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画 / 室町 

伝狩野元信筆
室町時代・16世紀
紙本墨画淡彩
向かって右から175.3×68.5(東方朔),175.3×68.3, 175.2× 68.2(西王母), 175.1×68.5(H10年度修理後計測値)
4幅
重要文化財

本図はもと大仙院(だいせんいん)方丈の書院(しょいん)の間の障壁画、故事人物図(現在は全8幅)の一部。大仙院は大徳寺の塔頭(たっちゅう)で、古嶽宗亘(こがくそうこう)により永正10年(1513)に開創された。故事人物図には東方朔(とうぼうさく)、西王母(せいおうぼ)、太公望(たいこうぼう)、文王(ぶんおう)が描かれ、作者は狩野元信周辺の画家とみられる。(旧題箋、A-293と共通か)

作品所在地の地図

関連リンク

西王母・東方朔図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

祖師図
祖師図

狩野元信筆

故事人物図(書院の間)
祖師図(大満送大智・香厳撃竹図)
東方朔図
山水図
山水図

伝狩野元信筆

ページトップへ