文化遺産オンライン

菊折枝文合子

きくせっしもんごうす

作品概要

菊折枝文合子

きくせっしもんごうす

金工 / 平安 / 京都府

出土地:京都市伏見区稲荷山 稲荷山経塚出土

平安時代・12世紀

1合

発掘時には砂金を納めた包みがあったと伝える銀製合子で、今は金粉が僅かに残存している。その形は当時舶載されていた中国製の青白磁の合子の形状を模したものと思われる。蓋表には蹴彫で菊折枝文をあらわしており、平安貴族の優雅な趣向を伝える作品である。(20080304_h032)

菊折枝文合子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 白磁 / 稲荷山 / 伏見

関連作品

チェックした関連作品の検索