Wind God and Thunder God

Details

Wind God and Thunder God

Paintings / Meiji

By Imamura Shikō (1880–1916)

Meiji era, 1911

Color on silk

各108.1×41.2

2幅

尾形光琳の「風神雷神図屏風」は、同じ図柄が、酒井抱一(さかいほういつ)や鈴木其一(すずききいつ)にもとりあげられて、連綿と描き継がれている。明治以降は、紫紅や安田靫彦(やすだゆきひこ)らがこのモチーフを手がけていて、それぞれの画家が独創性を加味した作品を描いている。           

Related Works

Search items related to work chosen