Lid Rest in the Shape of a Crab and Broadleaf Bamboo

Details

Lid Rest in the Shape of a Crab and Broadleaf Bamboo

ceramics / Edo

Edo period, 17th–18th century

Bronze

高3.6 径6.6×5.8

1個

畳付と釜の蓋を置く部分は笹枝の表現とし、中央にまるで生きているかのようにリアルに表わされた蟹がみえる。笹蟹蓋置は人気の茶湯道具の一つで、いかにも初夏の茶事にふさわしい涼しげな一品である。古美術商広田松繁(不孤斎 1897~1973)ゆかりの作品。

Related Works

Search items related to work chosen