古染付騎馬人物文蓋置 こそめつけきばじんぶつもんふたおき

陶磁 /  

中国・景徳鎮窯
明時代・17世紀
高5.2 口径2.4 底径3.0×2.8
1個

蓋置は釜の蓋を置き、また柄杓(ひしゃく)を引くのに用います。中国の景徳鎮窯において明時代末に日本の茶人向けに焼かれたもので、稜には虫喰(むしく)いとよばれる釉薬の剥落が見られます。飄逸(ひょういつ)な作風の古染付(こそめつけ)の蓋置は、茶席に興趣を添える存在として珍重されました。

作品所在地の地図

関連リンク

古染付騎馬人物文蓋置チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古染付蟹形蓋置
古染付蟹形蓋置

中国・景徳鎮窯

古染付櫂文六角水指
古染付櫂文六角水指

中国・景徳鎮窯

古染付人物文皿
古染付人物文皿

中国・景徳鎮窯

古染付羅漢文皿
古染付羅漢文皿

中国・景徳鎮窯

色絵祥瑞桃果宿禽文皿(五彩桃果宿禽文皿)
ページトップへ