和漢朗詠集 巻下(益田本) わかんろうえいしゅうまきげ(ますだぼん)

その他の画像全23枚中16枚表示

 / 平安 

平安時代・11世紀
彩箋墨書
1巻
重要文化財

中国・宋時代の舶載の唐紙、数種の染紙に雲母砂子を撒いた料紙や雲紙などを交用する。もとは上下二巻の巻物であったが、下巻をかつて益田鈍翁(明治から昭和初期にかけての実業界の巨頭で美術収集家としても著名)が所持したことにちなんで、この名で呼ばれる。
ルビ:からかみ そめがみ きらすなご ま くもがみ どんおう

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集 巻下(益田本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻上(久松切)
和漢朗詠集断簡(関戸本)
和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
和漢朗詠集
和漢朗詠集

飛鳥井雅章筆

伊予切(和漢朗詠集巻上断簡)
ページトップへ