文化遺産オンライン

和漢朗詠集

わかんろうえいしゅう

作品概要

和漢朗詠集

わかんろうえいしゅう

/ 江戸

飛鳥井雅章筆

江戸時代・17世紀

彩箋墨書

1巻

 雅章(まさあき)は雅庸の第3子。飛鳥井家の家職である蹴鞠(けまり)と和歌の二道をよくし、書も雅親の栄雅流の能書であった。和歌は後水尾上皇より古今伝授をうけ、大いに活躍した。金泥の下絵に金の切箔・砂子などを撒いた豪華な料紙に 『和漢朗詠集』の一部分を書いたもの。
ルビ:まさあき けまり

和漢朗詠集をもっと見る

飛鳥井雅章筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

朗詠 / 和漢 / / ろうえい

関連作品

チェックした関連作品の検索