和漢朗詠集 わかんろうえいしゅう

その他の画像全15枚中15枚表示

 / 江戸 

飛鳥井雅章筆
江戸時代・17世紀
彩箋墨書
1巻

 雅章(まさあき)は雅庸の第3子。飛鳥井家の家職である蹴鞠(けまり)と和歌の二道をよくし、書も雅親の栄雅流の能書であった。和歌は後水尾上皇より古今伝授をうけ、大いに活躍した。金泥の下絵に金の切箔・砂子などを撒いた豪華な料紙に 『和漢朗詠集』の一部分を書いたもの。
ルビ:まさあき けまり

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蹴鞠聞書
蹴鞠聞書

飛鳥井雅綱筆

和漢朗詠集巻上(久松切)
和歌懐紙
和歌懐紙

飛鳥井雅親筆

和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
和漢朗詠集巻上抜書
和漢朗詠集巻上抜書

豊蔵坊信海筆

ページトップへ