和漢朗詠集巻上抜書 わかんろうえいしゅうまきじょうぬきがき

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 江戸 

豊蔵坊信海筆
江戸時代・17世紀
彩箋墨書
1巻

 金銀泥下絵に切箔を散らし、霞引きをほどこした料紙に『和漢朗詠集』巻上から抜書したもの。巻末の「南山信海」とは、石清水八幡宮豊蔵坊の社僧信海のことである。名は孝雄。松花堂に書道を学び、小堀遠州に茶道、松永貞徳に狂歌を学ぶなど多才で知られた。

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集巻上抜書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集
和漢朗詠集

飛鳥井雅章筆

和漢朗詠集巻上(久松切)
和漢朗詠集(龍田切)
和漢朗詠集断簡(関戸本)
唐紙和漢朗詠集切
唐紙和漢朗詠集切

藤原伊房筆

ページトップへ