金銅鉢 こんどうはち

金工 / 奈良 

奈良時代・8世紀
金銅鍛造
1口

鉢は鉢子{はっす}ともいい、やはり古来より僧がたずさえておくべきとされた僧具のひとつ。奈良時代8世紀にもっとも盛行したようで、同時代の遺例は数多い。鍛造{たんぞう}で成形して、表面を轆轤{ろくろ}引きし薄造りに仕上げている。もとは安定のため底を受ける鉢支{はっし}が付属していたとみられる。(20121023_h131)

作品所在地の地図

関連リンク

金銅鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅鉢
鉢

金銅鉢
緋威五十二間四方白星兜
金銅応量器〈鉢支付/〉
ページトップへ