Smoking Pipe

Details

Smoking Pipe

metalwork / Edo

Edo period, 19th century

1本

 煙管は江戸時代になって、喫煙の風習が盛んになるにつれて、煙草を楽しむ人々の好みに応じてさまざまに趣向を凝らしたものがつくられた。銀、銅、真鍮などの材を用い、それに象嵌、線彫り、鋤彫りなど多彩な彫金技法で文様を表している。

Search by Smoking Pipe

Search by Tokyo National Museum

Keywords

象嵌 / ぞうがん / inlay / 技法

Related Works

Search items related to work chosen