江村漁浦図巻 こうそんぎょほずかん

その他の画像全8枚中8枚表示

絵画 /  / 中国 

張若澄筆
制作地:中国
清時代・18世紀
紙本墨画
21.8×511.0
1巻

張若澄【ちょうじゃくちょう】は字を鏡壑といい、桐城県(安徽省)の人。父の張廷玉【ちょうていぎょく】は宰相をつとめ、兄の若靄【じゃくあい】も清朝高官でした。張若澄は乾隆十年(1745)の進士で、のちに皇帝の文化顧問機関である南書房に入り、乾隆帝の寵愛をうけます。本図も正統派山水を受け継ぐおだやかな画風です。(塚本麿充氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

江村漁浦図巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋山行旅図巻
秋山行旅図巻

蕭雲従筆

楓樹吟秋図巻
楓樹吟秋図巻

張洽筆

山水図巻
山水図巻

査士標筆

瀟湘臥遊図巻
瀟湘臥遊図巻

李氏筆

倣王蒙松壑鳴湍図軸
ページトップへ