文化遺産オンライン

振袖 水浅葱繻子地枝垂桜模様

ふりそで みずあさぎしゅすじしだれざくらもよう

作品概要

振袖 水浅葱繻子地枝垂桜模様

ふりそで みずあさぎしゅすじしだれざくらもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 熊本(くまもと)藩細川家の蓮性院(れんしょういん)の舞台で、坂東三津江が『積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)』で墨染桜(すみぞめざくら)の精を演じた時の衣装である。役柄にあわせてパステル調の色合いで可憐(かれん)に胸元から裾にかけて枝垂桜を刺繍(ししゅう)し、歌舞伎衣装にしては珍しく優美なデザイン。20100308_h09

振袖 水浅葱繻子地枝垂桜模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / Edo / / Textiles

関連作品

チェックした関連作品の検索