陣羽織 猩々緋羅紗地応龍波濤模様 じんばおり しょうじょうひらしゃじおうりゅうはとうもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
丈103.0 裄130.0
1領

江戸時代、大名の城の奥女中等に向けて歌舞伎を演じた「お狂言師」坂東三津江の衣裳。細川家第11代藩主斉樹夫人・蓮性院(1785~1861)のために演じた「一谷嫩軍記」で使用したと伝えられる。陣羽織は甲冑の上から着用する袖なしの上着。猩々緋と呼ばれる赤が鮮やか。(20120102_h021h022天翔ける龍)

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 猩々緋羅紗地応龍波濤模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

着付羽織 萌黄繻子地的矢模様
帯 白斜子地雲龍模様
振袖 水浅葱繻子地枝垂桜模様
陣羽織 紅地花唐草模様緞子
襦袢 縹繻子地蝶花の丸模様
ページトップへ