文化遺産オンライン

陣羽織 猩々緋羅紗地応龍波濤模様

じんばおり しょうじょうひらしゃじおうりゅうはとうもよう

作品概要

陣羽織 猩々緋羅紗地応龍波濤模様

じんばおり しょうじょうひらしゃじおうりゅうはとうもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

丈103.0 裄130.0

1領

江戸時代、大名の城の奥女中等に向けて歌舞伎を演じた「お狂言師」坂東三津江の衣裳。細川家第11代藩主斉樹夫人・蓮性院(1785~1861)のために演じた「一谷嫩軍記」で使用したと伝えられる。陣羽織は甲冑の上から着用する袖なしの上着。猩々緋と呼ばれる赤が鮮やか。(20120102_h021h022天翔ける龍)

陣羽織 猩々緋羅紗地応龍波濤模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Edo / 陣羽織 / Textiles / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索