文化遺産オンライン

野馬図小柄

のばずこづか

作品概要

野馬図小柄

のばずこづか

その他 / 江戸

横谷宗珉

江戸時代・18世紀

1本

銘文:銘 宗珉(花押)

小柄は刀装に取り付ける小刀(こがたな)を納める刀装具のことである。作者の横谷宗珉は江戸時代中期の装剣金工で、大胆な構図の意匠や、様々な金属や技法を用いた加飾表現などは後世に大きな影響を与えた。これは縦長の小柄の特徴を生かし、金と素銅(すあか)の馬を大胆に配しており巧みである。(140102_h21・22初もうで)

野馬図小柄をもっと見る

横谷宗珉をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

小柄 / 後藤 / 目貫 / 花押

関連作品

チェックした関連作品の検索