Kongming

Details

Kongming

Paintings / Meiji

By Hirafuku Suian (1844-90)

Meiji period, 19th century

Light color on paper

128×57.5

1幅

穂庵は、秋田の角館(かくのだて)に染物工平福(ひらふく)太治右衛門(たじうえもん)の子として生まれ、はじめ父に絵を習い、後に円山四条派の画家武村文海(たけむらぶんかい)に学んだ。日本画家平福(ひらふく)百穂(ひゃくすい)の父でもある。孔明(諸葛亮(しょかつりょう))は、中国三国時代の蜀漢の創始者、劉備玄徳(りゅうびげんとく)の名参謀である。

Search by Kongming

Search by By Hirafuku Suian (1844-90)

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ 画家 / / 玉章

Related Works

Search items related to work chosen