文化遺産オンライン

自在龍置物

じざいりゅうおきもの

概要

自在龍置物

じざいりゅうおきもの

金工 / 明治

里見重義作

明治時代・20世紀

銀鍛造

長51.5cm

1基

里見重義は天保14年(1843)に生まれ、刀装具の鑑定を学んだ後、明治時代には浅草三筋町に住していたという。胴、脚、爪、口を動かすことができ、素材が銀であることは珍しい。箱書に「自在龍」とあることから、現在この種の作品を自在置物と称するようになった。(20141111_h131)

自在龍置物をもっと見る

里見重義作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

置物 / 自在 / Articulated / Hammered

関連作品

チェックした関連作品の検索