足利尊氏御判御教書 あしかがたかうじごはんみきょうじょ

 / 南北朝 

南北朝時代・文和3年(1354)
紙本墨書
1幅

和歌で知られる冷泉家の所領のうち、静岡県焼津市にあった小楊津御厨(おやいづのみくりや)の領有を、冷泉為秀に認める決定が朝廷でされました。この決定通りに現地支配がなされるべき旨を、将軍の命令として駿河守護の今川範氏(のりうじ)に伝える文書です。守護権力の大きさを浮彫りにしています。

作品所在地の地図

関連リンク

足利尊氏御判御教書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

足利尊氏御判御教書
足利尊氏御判御教書(国分家文書)
大友家文書
後光厳天皇宸翰書状〈文和三年十二月十四日/〉
冷泉家文書
ページトップへ