文化遺産オンライン

斑色ガラス筆筒

ふいろがらすひっとう

作品概要

斑色ガラス筆筒

ふいろがらすひっとう

陶磁 / 明治

品川工作分局硝子製造所

明治14年(1881)頃

高17.0 口径8.5 底径9.0

1口

品川ガラス製造所は、ガラスの国産化を目指して、明治9年(1876)に設立された官営のガラス工場。明治11年に品川工作分局と名を変え、明治17年に民間に払い下げられた。この3点は明治14年の第二回内国勧業博覧会に出品された基準作例。

斑色ガラス筆筒をもっと見る

品川工作分局硝子製造所をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

ガラス / 品川 / 硝子 / びいどろ

関連作品

チェックした関連作品の検索