文化遺産オンライン

梅蒔絵硯箱

うめまきえすずりばこ

作品概要

梅蒔絵硯箱

うめまきえすずりばこ

漆工 / 室町

室町時代・15世紀

木製漆塗

1合

脚をつけた硯台(すずりだい)に蓋をかぶせた形の硯箱。蓋表には金の平蒔絵を用いて土坡(とは)に梅樹の文様を表わす。国宝「北野天神縁起絵巻(きたのてんじんえんぎえまき)」を収めた応永33年(1426)銘の箱に、文様・技法ともに酷似しており、制作年代の推定できる蒔絵作品として、貴重な存在である。(111122h_12)

梅蒔絵硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / / 蒔絵 / すずり

関連作品

チェックした関連作品の検索