不動明王像 ふどうみょうおうぞう

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・14世紀
絹本着色
91.1x41.4
1幅

不動明王は、大日如来が仏法に従わない人々を怒りの姿で脅し、教えに導きいれる姿といわれる。右手に煩悩を断つ剣、左手には教えに従わない人々を縛って引っ張る索を持つ。本図では矜羯羅、制吒迦の二童子を従え、向かって左手前には剣の化身である倶利伽羅龍を描く。
ルビ:ぼんのう、さく、こんがら、せいたか、くりからりゅう

作品所在地の地図

関連リンク

不動明王像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色倶利伽羅竜剣二童子像
不動明王八大童子像
絹本著色両界曼荼羅図
金剛童子立像
童子形鏡像
ページトップへ