猿猴弄蟷螂図額 えんこうかまきりもてあそぶのずがく

金工 / 明治 

香川勝広作
明治25年(1892)
真鍮地高肉象嵌
縦49.0cm 横27.7cm
1面

真鍮(しんちゅう)地に、ニホンザルが蟷螂(かまきり)と戯(たわむ)れる図が、素銅(すあか)、金、銀などの色金を用いて、高肉(たかにく)象嵌(ぞうがん)の手法で絵画的に表わされている。絵具を用いたかのような色金の使い方、猿の毛筋一本一本の線刻まで神経が行き届いている。シカゴ・コロンブス世界博覧会に出品された。

作品所在地の地図

関連リンク

猿猴弄蟷螂図額チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群鷺図額
群鷺図額

加納夏雄作

人長舞図花瓶
人長舞図花瓶

紹美栄祐作

群蝶図花瓶
群蝶図花瓶

金沢銅器会社

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

還城楽図額
還城楽図額

海野勝珉作

ページトップへ