裲襠 紅地牡丹唐草模様金襴 りょうとう べにじぼたんからくさもようきんらん

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 室町 

室町時代・15世紀
1領
重要文化財

経糸に細い絹糸、緯糸に太い木綿糸を用い、模様を平銀糸で織り出した繻子地の黄緞(おうどん)。連珠文は唐時代からの伝統的な模様であるが、それが縦に連なっている点が中世のデザインの特徴であろう。その間には蓮あるいは牡丹と見られる花唐草文が表わされている。

作品所在地の地図

関連リンク

裲襠 紅地牡丹唐草模様金襴チェックした作品をもとに関連する作品を探す

裲襠 紺地二重蔓牡丹唐草文金襴
厚板 藍白段籠目唐草模様
能装束〈紅地蜀江文黄緞狩衣/〉
白地草花海賦文辻が花染肩裾小袖
裲襠 赤地花菱繋模様金襴
ページトップへ