四体帖 したいじょう

その他の画像全5枚中5枚表示

 /  / 中国 

鄧石如筆
制作地:中国
清時代・嘉慶2年(1797)
紙本墨書
(一紙)29.5×44.0
2帖

本作は、鄧石如@とうせきじょ@が4種の文章を、篆・隷・楷・草の各書体で揮毫@きごう@した1帖と、『詩経』大雅・蕩之什の抑篇を隷書で揮毫した1帖からなります。いずれも朱絲欄@しゅしらん@を施した紙に体裁よく書写され、鄧が各書体 を善くしたことが窺@うかが@えます。前者の楷・草と、後者にみられる款記@かんき@より、両帖とも嘉慶2年(1797)、55歳時の作であることが知られます。碑学派の祖と言われる鄧石如は、とりわけ篆隷の書において新たな表現様式を確立し、後世に多くの追随者を輩出しました。(親番の119字)(六人部克典氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

四体帖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

隷書六言詩横披
乙瑛碑
楷書嬌舞倚床図便面賦軸
楷書懐素自叙帖語軸
隷書七言聯
隷書七言聯

伊秉綬筆

ページトップへ