文化遺産オンライン

青花亀甲文稜花皿

せいかきっこうもんりょうかさら

作品概要

青花亀甲文稜花皿

せいかきっこうもんりょうかさら

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・1839年

磁製

高4.7 径16.2 高台径9.8

1枚

銘文:「己亥九月□」青花銘

十三角形に形作られており、紗綾形文と亀甲文で埋め尽くされています。裏面外周は三方に蝙蝠(こうもり)が描かれており、高台内に「己亥(きがい)九月□」の文字と木葉形のマークが記されています。朝鮮時代後期の憲宗5年(1839)に作られたことが知られる貴重な基準作例です。

青花亀甲文稜花皿をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

朝鮮 / Joseon / / 高台

関連作品

チェックした関連作品の検索