南都宇智楊貴氏墓志銘他三種拓本 なんとうちやぎしぼしめいほかさんしゅたくほん

歴史資料 / 江戸 

市河寛斎添文
採拓:江戸時代・19世紀
紙本墨拓
① 縦22.1 横27.9 ; ② 縦20.0 横45.0 ; ③ 縦37.4 横6.5 ; ④ 縦32.8 横10.2 ; 全体の寸法 縦137.4 横58.7
1幅

【P-31,41解説】市河寛斎(1749~1820)は江戸時代後期の儒学者、漢詩人。上野国の出身。昌平黌に学び、富山藩校教授として20年在職した。多くの詩文を草し著作も多いが、一方で各地の著名な金石文の採拓に努めた。その数130余で自らの解説を付す。(冨坂様執筆)"

作品所在地の地図

関連リンク

  • ,南都宇智楊貴氏墓志銘他三種拓本,市河寛斎添文" />

南都宇智楊貴氏墓志銘他三種拓本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

広開土王碑拓本
広開土王碑拓本
市河米庵像
梅図襖・芦雁図襖
梅図襖・芦雁図襖

円山応挙筆

五絶
五絶

広瀬旭荘

ページトップへ