文化遺産オンライン

十長生華角貼合子

じっちょうせいかかくばりごうす

作品概要

十長生華角貼合子

じっちょうせいかかくばりごうす

漆工 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・19世紀

木製、華角貼

1合

鶴、鹿、亀はいずれも長生を象徴します。華角貼(かがくばり)とは薄く削って透明にした牛角片の裏側に彩色を施し、これを木地の表面に貼り付けて装飾する技法をいいます。朝鮮時代に流行し、おもに女性の身辺を飾る工芸品に用いられました。

十長生華角貼合子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Joseon / 朝鮮 / 貼る /

関連作品

チェックした関連作品の検索