文化遺産オンライン

模造 木画紫檀双六局

作品概要

模造 木画紫檀双六局

漆工 / 昭和以降

木内省古作

昭和7年(1932) 原品=奈良時代・8世紀

1基

木画は、黄楊・黒檀などの木材や象牙・鹿角などを切り抜き、組み合わせ、象嵌して文様を表わす技法。原品の床脚刳面には黄楊が貼られているが、もとは象牙を貼っていたとみられ、模造はこれを復原している。宝物中の木画の中でも、最も精緻な表現が見られる。

模造 木画紫檀双六局をもっと見る

木内省古作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

指物 / / 原品 / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索