文化遺産オンライン

模造 螺鈿玉帯箱

作品概要

模造 螺鈿玉帯箱

漆工 / 昭和以降

北村久斎作

昭和7年(1932) 原品=奈良時代・8世紀

1合

原品は宝物中の「紺玉帯」をおさめる箱。表面は黒漆塗の地に、螺鈿と伏彩色を施した水晶の嵌装で唐花文様を表わしている。正倉院宝物中で数少ない、漆地螺鈿の遺例の一つ。また原品は内に、豪華な錦の嚫をおさめている。

模造 螺鈿玉帯箱をもっと見る

北村久斎作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

螺鈿 / / 原品 /

関連作品

チェックした関連作品の検索