模造 黒柿蘇芳染金銀山水絵箱

漆工 / 昭和以降 

吉田徳蔵作
昭和7年(1932) 原品=奈良時代・8世紀
1合

表面を蘇芳染として、金泥と銀泥で文様を描いた献物箱。蓋表には金泥で山岳に飛鳥・瑞雲を描き、樹木の葉と山裾の草に銀泥を交える。原品の身のほとんどは明治期に補われた部材で、文様がない。模造はこの後補をそのまま模している。

作品所在地の地図

関連リンク

模造 黒柿蘇芳染金銀山水絵箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

模造 蘇芳地金銀鼓楽絵箱
模造 螺鈿玉帯箱
模造 螺鈿玉帯箱

北村久斎作

黒柿蘇芳染拭漆宝相華文嵌荘香座 制作工程見本
模造 銀平脱鏡箱
模造 銀平脱鏡箱

吉田立斎作

模造 紅牙撥鏤撥
ページトップへ